病院の特色
TOP > 病院の特色

いつでも安心してかかれる病院

一般外来 午前診療は、月~土の毎日お昼12時まで受付となっております。午後診療は、月・水・木・金の2時~4時30分まで行っています。夜間診療は、火・水・金の夜7時まで受け付けています。働きながらの通院も安心です。
予約制を導入し、専門外来、看護外来、栄養指導など行っています。専門外来や患者教育を強化し、慢性疾患医療の充実に努めています。なお、診療科による違いがありますので「診療体制表」をご参照ください。



ご要望にこたえる診療をめざしています

内科(消化器・循環器・呼吸器)、整形外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、泌尿器科の一般診療科に加え、老年内科外来、糖尿病、高血圧、漢方外来の専門外来があります。また、看護相談、栄養指導、運動指導、糖尿病療養指導士による専門指導など療養相談・指導も充実しています。
透析センターは34床。快適な療養環境と安心・安全な治療を提供、患者様の精神的支援をめざしています。高齢者の方の透析や入院透析も行っています。



充実した検査機能 活気あふれるリハビリテーション

鼻からの胃カメラで検査の苦痛を軽減したり、高速CTスキャンの導入で検査時間を短縮しています。CTによる内臓肥満検査、マンモグラフィよる乳がん検診、DXA方式による精度の高い骨密度測定検査、MRIによる頭部検査、超音波(エコー)よる頚動脈検査・甲状腺検査など検査内容の充実をはかっています。睡眠時無呼吸症候群の検査も実施しています。理学療法士10名、作業療法士9名、言語聴覚士4名他総勢25名のスタッフでリハビリテーション部門は若さと活気にあふれています。リハビリ技術の向上に努め、患者様一人ひとりにあった機能回復訓練をおこなっています。また併設の通所リハビリ「とよたシャキシャキ」には、毎日たくさんの利用者様が来られ、リハビリに励んでいます。



在宅での療養を支援しています

往診は開院当初からおこなっている富山協立病院の誇れる特徴の一つです。定期往診(訪問診察)で在宅での療養を支えます。また、臨時の往診もおこなっており、いざというときに駆けつけています。訪問リハビリも実施しており、在宅での機能回復・維持に貢献しています。富山医療生協の医療と介護のネットワークで、訪問看護、ヘルパー派遣、デイサービス、そしてショートステイなどのサービスと連携しており安心して療養できます。



安心で安全な入院機能

急性期の病気の治療は一般病棟、安定期になると療養病棟で治療し、退院したあとも在宅で療養できるよう継続的な治療を行っています。差額室料はいっさいありません。転倒防止や感染対策など、安心で安全な療養環境の実現のために日夜努力しています。