整形外科
TOP > 整形外科


整形外科

当科は、かつては整形外科一般の手術を行っていましたが、現在は整形外科病棟はありません。 外来診療が主体で、手術を要する治療は他院に紹介させていただいています。ただし、救急外来での創傷処置は行っています。

また、他院で手術された大腿骨頸部骨折の患者さんの術後リハビリは内科病棟入院にて行っています(地域連携パス)。内科病棟の入院患者さんの腰痛、膝関節痛などは適宜回診します。



対象とする疾患 一般整形外科。とくに多いのは変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎、骨粗鬆症、手の外傷など。
当院で可能な検査 レントゲン、骨塩定量(DXA法)、超音波検査、CT、骨代謝マーカーの血液検査など。なおMRIはありません。
当院で可能な治療 リハビリ科では温熱療法、マイクロ波療法、低周波療法、牽引療法による大腿四頭筋訓練等の物理療法の他、肩関節の理学療法や手関節骨折後の作業療法等を行っています。
当科の特徴 当科では、整形外科というより健康寿命をのばすための『運動器科』という観点から、外来診察で腰痛症や変形性膝関節症への運動療法を積極的に指導しています。